• Voice 02
  • 2014年入社
  • 第1開発グループ プロファイル開発チーム
  • 梅原 沙織
  • SAORI UMEBARA

モノづくりに興味があり、入社を志望
頭の中のイメージを形にすることが、何より楽しい

私はモノづくりが好きだったので、大学では工学部で機械工学を学んできました。就職活動中にSUSのショールームや発行している冊子で、「からくりモジュール」のことを知り、興味を持ったのが入社を志望したきっかけです。

現在は、ZFという架台用アルミ構造材の開発を担当しています。お客様の要望に答えたり新しい提案をするために新製品を開発したりすることもありますし、既存製品の改良をすることもあります。

新製品の開発は、まず構想検討としてパソコン上で形状を作り、データ上で解析をかけ、問題がないことが確認できれば試作します。頭に浮かんだイメージがなかなか形にならないときや、試作品が思い通りの結果にならいときは、本当に苦しいです。けれども、「こんなものがあればいいな」という、もやもやしたものが具体的な像を結び、試作品として形になったときには、やりがいを感じますし、うれしいです。

私のように、モノづくりが好きだったり、新しいことを考えたりしたいという人には、充実感を得られる職場だと思います。

互いを認め合い、自由に発言できる社風が魅力
活発に意見交換することが、より良い製品を生みだす

開発は若い人も多く、若手でも開発製品の担当を任されています。ですから私も目標を持って取り組んでいます。それは今までアルミフレームの導入ができなかった分野や場所でも、対応できるような製品を作ることです。食品工場や薬品を使っている現場では、アルミ製品が使えないケースもあります。ですから、対応できるような処理を施したりすることで、当社のアルミフレームが活躍できる場所を広げたいのです。

そのためには、試作を繰り返すことも必要ですし、現在どんなものがあるのか知ることも大切だと思っています。ですから展示会に足を運んで情報収集をしたり、製造現場に行って実際に話を聞いたりもしています。

試作のためには、チーム内だけでなく部署を越えて、いろいろ意見交換をしています。ときには意見が衝突することもありますが、それは思ったことが言えるからです。上司や部下、先輩後輩ということに関係なく、それぞれのことを認め合い、率直な発言ができる。それが当社の魅力だと思いますし、良いものを生みだす原動力だと思います。

将来は、子育てをしながら働きたい
それまではプライベートタイムを存分に堪能

忙しくなると早く帰れない日も多くなりますが、その分、休日は自分のために時間を使うようにしています。

午前中に家事をすませて、午後はショッピングをしたり、気がおけない友人とでかけたりなど、外出することが多いですね。自宅で料理をすることもあります。忙しくなったときに備えて、1週間分を作り置きすることもあるんですよ。

1年に5回くらいは、好きなミュージシャンのライブに行きます。会場ではファン同士で盛り上がるので、羽目を外して思いっきり楽しめるのが良いですね。少し長い休みのときは、友人と旅行の計画を立てることもあります。

当社は、出産をしても出産休暇や育児休業をとって、現場復帰する先輩が多いのです。女性には働きやすい環境ですから、私も、いずれ家庭を持って、子育てをしながら働き続けたいと思っています。

それまでは友人とライブに行ったり、ショッピングや旅行をしたり、今できることを楽しむつもりです。